2015年02月02日

思い出

ちょうど5年前の今日は明日の手術を前日に控え、入院の着替えやら買い物やら準備をしていた。

でも少しも不安や恐れはなかった。人生ではじめての手術をすることと、初めての入院をすることが、なんだか小旅行に行くようでうきうきしていたのを思い出す。ほんとに不安はなかった。むしろ手術でガンが治ると思うと気持ちが落ち着いていた。

緊張して寝れないこともなかった。

たしか、翌朝は駅までの道のり徒歩約25分を朝5時30分ごろ、両親と歩いていくことになっていた。しかも、荷物が大荷物で重かったのを思い出す。なぜ車で駅まで行かなかったのかな?

入院初日は2月3日で病院の夕食に節分豆と節分のイラストのカードが添えられていたのをはっきり覚えてる。たしか、担当の先生や執刀医の先生方が病室に挨拶にいらっしゃったんだった。

ほんとに昨日のことのように覚えてる。
タグ:舌ガン
posted by キ-84 at 23:17| 神奈川 ☀| Comment(1) | 回想録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。